産後うつに負けないように、女性は変化に注意しよう

カップル

うまく付き合う

産後うつのはじまりは

妊娠出産を経て、いよいよ可愛い赤ちゃんとの生活が始まったころにやってくるのが産後うつです。 何もしていないのに、イライラしたり悲しくなったり、自分を追い込んだりと情緒が不安定になります。 これは、産後のホルモンバランスの乱れからくるもので、初めての育児をする人に多く見られるとも言われています。 産後女性の身体がもとに戻るには、1ヵ月はかかると言われています。 まだ、体調も万全に回復していない時から、不眠不休の育児が始まっていくわけですから、精神的にも追い詰められていくものです。 24時間赤ちゃんの隣でお世話をしているのに、訳もわからず赤ちゃんに泣き続けられると、母親としての自信をなくしてしまうものです。それが、産後うつとして気持ちが沈んでいってしまうのでしょう。

うつとうまく付き合っていくには

また産後うつを発症してしまう人には、共通して頑張りすぎてしまう傾向があります。 育児や家事を完璧にこなそうと思う人ほど、産後うつに陥りやすいのです。 赤ちゃんに手を取られて思うように動けないと、ストレスに感じてしまいます。 このストレスが、自分はこんなことも出来ないのだと自分自身責めてしまうのです。 こういった産後うつを発症しないように、時として、周りの手を借りるということも大切になってきます。 夫の気配りや協力も大変重要になってくるでしょう。 また、頑張りを認められることで、気持ちが落ち着くこともあります。 毎日頑張る妻を励ますのも夫の役目です。 産後うつは、家族で向き合っていくことでうまく乗り切られるものなのだと思います。

産後に起きる身体の変化

産後には、今までに経験したことも無いような身体の変化が起こることがあります。 その身体の変化は、人によって異なります。子どもが母体から出た瞬間に、今まで維持していた身体のホルモンバランスや体重のバランスなどが大きく変わる為、様々な変化が起こるのです。 目に見えて分かる変化として、髪の毛の脱毛や体重の減少を挙げる事が出来ます。女性の中には、ホルモンバランスの影響で発疹が出てしまう人も多くいます。 また、目に見えない変化も起こります。それが、産後うつです。 産後うつの症状は心の変化になるため、発症している事に気が付きにくいものです。 出産後、嬉しいという気持ちより暗い気持ちが続くという場合には、要注意です。

産後うつの心身の症状

この産後うつの主な心身の症状としては、通常のうつ状態と同じようにだるさや自己否定感などという症状があります。 また、身体的な症状としては食欲不振や食欲過剰などが挙げられます。 この代表的な症状は、産後うつの状態から脱却することによってほとんどの症状を改善することができます。 その為、最近では、産後うつの症状が起きた時には、専門的な治療機関にかかって心身共に治療をすることが最も完治に向けての最適な方法であると言われており、産後うつの症状が出た女性の大半が専門的な治療期間へ足を運んでいます。 子供と母親の関係を良好に保つ為にも、産後うつの発症に気がついた時には早急に対処しましょう。 また、家族のサポートが必要不可欠であることも忘れないでほしいものです。