産後うつに負けないように、女性は変化に注意しよう

カップル

ホルモンバランスから

産後うつになりやすい人は

産後うつは誰にでも起こりえるものです。うつ病の一種ですが、ホルモンバランスの乱れからくるものです。またそれだけではなく、おなかに赤ちゃんがいるときは、生まれてくる喜びでいっぱいなのですが、生まれてくると自分が思っているように赤ちゃんの世話ができないことがあります。もちろんそれは当然のことで、赤ちゃんもいくら小さいとは言え人間ですから、大人が思っているようにはいきません。 しかし育児書を読めば、自分の子どもは育児書通りに育っていないのではないかと悩み、自分のせいだと思い込んでしまいます。産後うつが進行すると、我が子であってもかわいく感じなくなってしまうのです。 この産後うつは、比較的まじめ人が陥りやすいのです。

周りの理解が大切なのです

産後うつはなかなか自分では気づきにくく、周りの人も育児疲れだと思ってしまうので、気がつかないうちに症状が進行してしまう場合があります。些細なことでいらいらしたり、少しのことで泣いてしまったりといった症状があれば、産後うつの始まりかもしれません。 産後うつを治すためには、周りの人の協力や理解が大切です。親世代とは子育ての方法も違うのに、何気ないひと言が出産後の心を傷つけてしまい、「私はだめな母親なんだ。」と追い込んでしまうからです。 もし、いつもと違うと感じたら、サポートセンターなどに相談してみましょう。家族より第三者の意見が心を落ち着かせる場合もあるからです。育児を完璧に行おうと思わないことも大事なのです。